会社の解散

法律の本

会社の解散に関すること

会社を作ったときには会社を解散するなどと思ってはいなくても、数年したら会社を解散しなければならないことがあります。そのような時に困ってしまわないように、まずは会社解散に関する基礎的な知識を見につけるようにしてください。今回は、会社の解散に関することをご紹介します。まず、会社の解散はどのようにすればよいのでしょうか。はじめに商業登記を行う必要があります。解散の商業登記を法務局に申請するのです。その際には司法書士に依頼しましょう。司法書士に依頼する場合には数十万円程度の費用がかかります。自分で商業登記を行う場合には司法書士への報酬がかかりません。しかしながら、多くの手間がかかることを自覚しましょう。

商業登記をする方法について

商業登記をする方法は2つあります。一般的な方法は司法書士に依頼する方法です。弁護士は商業登記をすることができませんし、同じく行政書士も商業登記をおこなうことができません。商業登記を代理して行うことができるのは司法書士のみなのです。ですから、司法書士に登記を依頼することが一般的です。しかしながら最近では、インターネットを参考にすることによって商業登記を行うことができる方法もあります。インターネットを参考にするのが不得意でなければこのような方法も良いでしょう。しかしながら、専門用語などもありますのでなかなか理解することが難しいかもしれません。そのような手間を考えるのであれば、長所に依頼してしまった方が得策です。

このエントリーをはてなブックマークに追加