請求する場合

医師

精神的な損失のために慰謝料請求をする

交通事故に巻き込まれてしまったときには、主に二つの手段によって問題を解決することができます。 一つは慰謝料請求で、もう一つが損害賠償請求です。 これらの権利は法律的に別々の権利と解釈されているため、別々に相手に対して請求することが可能な権利です。 そのため、実際に事故に巻き込まれたときには目的に沿って別々に権利を主張しなくてはいけません。 特に慰謝料は、被害に合った本人の精神的な損害を賠償するためのものであるため、客観的な基準は存在するものの賠償の請求額に法律的な上限は存在しません。 つまり、いくらでも請求しても構わないのです。 交通事故によって生じる精神的な損害の程度はケースによって大きく異なるため、法律によってこのような手段が認められています。

損害賠償は弁償と同じ意味を持つ

慰謝料請求と異なって、損害賠償は弁償と同じ意味を持っています。 例えば、交通事故に巻き込まれて自動車が大破してしまったときには、その壊れた自動車を元に戻すことを請求することが出来るのです。 損害とは、実際に出た損失を賠償するものであるため、それ以上の賠償を相手に対して請求することはできません。 そのため、損害賠償は弁償と同じなのです。 このように、これら二つの権利は目的も手段も全く異なる権利です。 交通事故に巻き込まれたときには、状況に応じて二つの権利を同時に主張することができます。 しかし、そのときには請求できる金額を過去の例から算出した客観的な基準によって計算する必要があります。 この計算は、専門の法律家に依頼すれば容易に計算してくれるため、困ったときにはきちんと相談することが大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加