どうやって頼むのか?

医師

離婚で弁護士を頼むにはどうするか

夫婦が離婚するに至ったとき、大切なのはお互い後腐れなく、幸せな将来を歩めるように手続きを進めることです。離婚をするというのは、人生の中でもとても大きな決断です。そして、好きで離婚を決意する夫婦などいません。 色々と事情があれど、結婚時には想定していなかったことが原因で別れを決めるというケースがほとんどです。お互いが感情的になっていることもあります。そのためには、互いに利害関係のない第三者に夫婦の間に入ってもらい、仲介してお金の問題や親権の問題などを解決してもらうことが大切です。 弁護士は法律事務所に相談すればすぐに見つかりますが、弁護士ならだれでもよいというものではありません。離婚分野に強い弁護士を探す必要があります。

人生の再スタートのために

弁護士にも専門分野があり、例えば民事系でも土地関係に強い先生や離婚問題に強い先生や交通事故に強い先生など様々です。 離婚というと夫婦間でもつれてしまった場合がほとんどですが、中には円満で関係が壊れておらず当人同士で冷静な話し合いができる状態にある夫婦もいます。 そういうとき、弁護士を用意せず当人同士の協議だけで済ませてしまう場合がありますが、それは危険です。 例えば、離婚後に妻の妊娠が判明したとき親権や養育費はどうするのでしょうか。また、夫婦の一方に隠し財産があったときも財産分与の問題になります。 プロは素人では気が付きにくい点も想定して解決してくれるので、気持ちよく人生の再スタートが切れる準備をしてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加